眠れないナース24時

夜勤と生活の関係を考える

病院の夜勤には醍醐味があるけれど

病院での夜勤業務、みなさんはどう思っていますか?
私は嫌いじゃないですよ。新人時代は正直苦手でしたけどね。だって、頼れる先輩ナースが一気に減ってしまうじゃないですか?自分はたいしたことできないし、それはそれは不安でしたよ。
でも、ある程度経験を重ねてくると自分に自信がついてきて。患者さんの急変時にも落ち着いて、かつ迅速に対応できるようになりました!むしろ、少ないスタッフでピンチを乗り切らなければならないという使命感が、看護師として私を強く成長させてくれたのだと思います。
ただ・・・色々言ってもやっぱり夜勤は大変です。特に年を重ねるとダメですね、かなり身体にこたえます。なんていうんでしょう、やる気はあるけど体がついていかない感じ?でもナース服を身にまとっている以上、お疲れ顔で仕事するわけにはいきませんからね。私は下で紹介している方法で、夜勤対策をしているんですよ!

知力・体力・気力をどうキープするか

「疲れていて、ついうっかりミスをしてしまいました。ごめんなさい」
では許されないのが看護師の仕事。業務中は集中力を常にキープしておかなければなりません。夜勤時に襲ってくる疲労と睡魔に打ち勝つために私が実践していることは、たっぷりと昼寝をすることです。
・・・・・・・え?当たり前すぎる?
でも、結局これに尽きるんです。ただ、仕事の直前まで寝るようなことはしません。出勤する3時間前までには必ず起きて、からだを目覚めさせます。私の場合、夜勤の入り時間が17時なので14時には起床します。3時間寝るだけでもかなり違いますよ!昼寝の前には適度に身体を動かしていますね。そうじゃないと睡魔が襲ってきてくれないので(笑)
それでも疲れが出てしまったときのために、ロッカーに栄養ドリンクを忍ばせています。実際の効果のほどは良く分かりませんが「栄養ドリンクを飲む」という行為によって、やる気スイッチが入り頑張れてしまうのだから不思議です。看護師仲間におすそ分けすることで、ちょっとした団結力が生まれることもあるんですよ。

夜勤がプライベートに及ぼす影響

夜勤が終われば自由の身!すぐに家に帰るも良し、どこかへ遊びに行くも良し、全ては自分の気持ちの趣くままです。とはいうものの、大半のナースが夜勤明けは自宅に直帰していますが。お風呂入りたいし、ご飯食べたいし、そしてなんと言っても「寝たい」ですからね。
「夜勤明けにはそのまま買い物に行こう!」
なんて思っていても、実際は朝から夕方までゴロゴロして終わることがほとんどです。おかげで、プライベートの充実もなかなか図れません。もしプライベートを満喫したいのなら、事前に予定を組んでおくことをおすすめします。予定があれば、いつまでもゴロゴロしないで済みますからね。でも、疲れない程度のスケジュール調整をしていってくださいね。あとの仕事に響きますよ!

夜勤看護師の人気NEWS


夜勤と睡眠の切っても切れない関係夜勤と睡眠の切っても切れない関係病棟看護師につきものの夜勤。手当がつくのは嬉しいけれど、睡眠サイクルが乱れてしまうのは辛いところですよね。ところでみなさんは慢性的な睡眠不足が続いた場合、身体にどんな不調が現れるかご存知でしょうか?ここではその代表的な症状についてお話をしていくことにしましょう。また夜勤を上手に乗り切る方法や明けの過ごし方についてもアドバイスをしていきますね。このアドバイスにより、皆さんが今よりもっと健康的なナースライフを手に入れられることを願っています。

看護師は転職向きな仕事かも看護師は転職向きな仕事かもどんな不景気にも左右されない職業「看護師」。他の職種と比べ、就職・転職が容易にできるのが魅力です。ただ、事業所による勤務体制の違いや給与形態の違いなどしっかり理解しておかないと、間違った転職をしていまうかも!?いざ行動に移す前に確認していただきたいことについてアドバイスさせてもらってますので、一度目を通してみてくださいね。さらに転職時に使える求人サイト「看護のお仕事」も紹介。自分にあった職場を見つけたい方にピッタリのサイトを見つけて下さいね♪

ページTOPへ