眠れないナース24時

あなたは夜勤手当のために夜勤する?

夜勤を増やせば給料アップ!でも・・・

夜勤に入る最大のメリットといえば、やっぱり夜勤手当がもらえること!私の職場の場合、1回につき1万円以上支給されます。月に6回入れば、手当だけで家賃代くらい稼ぎ出しますからね。経済的にはほんと、夜勤手当さまさまといったところです。
でも・・・

やっぱり、体力的にはキツイ!

若い頃はそうでもなかったですけど、30代後半くらいから夜勤の疲れがなかなか取れなくなってきましたね。認めたくはないけれど、やっぱり歳には勝てないようです(泣)夜勤時の仕事内容は嫌いじゃないだけに、疲れがとれないのは非常に残念!体力さえ許せば、いくらだって率先してシフト入れるんですけどね。

あなたは夜勤好き?日勤好き?

ところでみなさんは夜勤と日勤、どちらが好きですか?
自分は夜勤派なのですが他の人はどうなんだろうと思って、職場の同僚に聞いてみました。すると意見は見事に真っ二つ。
夜勤が好き!と答えたナースの理由としては
・少人数だけど医療処置がない分、まったりと過ごせる
・日勤より業務は楽なのに、給料はいっぱいもらえる
・休日が増えた気持ちになる
・事務作業がはかどる
などの意見があげられました。反対に
日勤が好き!と答えたナースの理由は
・規則正しい生活が送れる
・子どもと一緒に就寝できる
・患者さんとのコミュニケーションをしっかり取れる
などが多かったです。

お子さんをお持ちの方がやはり日勤を支持してましたね。ちなみに私が夜勤を支持する理由は、日勤だと医療処置や診療・検査の介助・入退院準備でバタバタする割りに、何の手当もつかないからです。やっぱり夜勤手当の魅力は大きいですよね♪

シフト決めと夜勤回数の駆け引き

夜勤手当がたくさん欲しいけど、慢性的睡眠不足は避けたい、となるとシフトの入れ方がすごく重要になってきます。
だってそうでしょう?夜勤を減らしすぎたらお金を稼げないし、反対に欲張って増やしすぎては体が持たないのですから。というわけで、私としては月に4回ペースで夜勤に入れるよう希望を出しています。
それなのに最近の私のシフトときたら、3ヶ月連続で夜勤の回数はたったの2回だけ!ちょっとお財布がピンチになってきました。どうやら、病院側としては体力のある若い子に夜勤をさせたいと考えているようなんです。ベテラン組の体調に気を遣っていただけるのはありがたいことなのですが、せめてあと1回はシフト組んで欲しいです。夜勤が増えれば自ずとオフの時間も増えますからね。シフトの希望が通ることを切に願っています。

夜勤看護師の人気NEWS


夜勤と睡眠の切っても切れない関係夜勤と睡眠の切っても切れない関係病棟看護師につきものの夜勤。手当がつくのは嬉しいけれど、睡眠サイクルが乱れてしまうのは辛いところですよね。ところでみなさんは慢性的な睡眠不足が続いた場合、身体にどんな不調が現れるかご存知でしょうか?ここではその代表的な症状についてお話をしていくことにしましょう。また夜勤を上手に乗り切る方法や明けの過ごし方についてもアドバイスをしていきますね。このアドバイスにより、皆さんが今よりもっと健康的なナースライフを手に入れられることを願っています。

看護師は転職向きな仕事かも看護師は転職向きな仕事かもどんな不景気にも左右されない職業「看護師」。他の職種と比べ、就職・転職が容易にできるのが魅力です。ただ、事業所による勤務体制の違いや給与形態の違いなどしっかり理解しておかないと、間違った転職をしていまうかも!?いざ行動に移す前に確認していただきたいことについてアドバイスさせてもらってますので、一度目を通してみてくださいね。さらに転職時に使える求人サイト「看護のお仕事」も紹介。自分にあった職場を見つけたい方にピッタリのサイトを見つけて下さいね♪

ページTOPへ